スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どんど焼き

昨夜、鏡川河畔で開催されたどんど焼きに参加してきました。


実は、人生初どんど焼きでした。
(ついさっきまで「どんと焼き」だと思っていました。)

昨日の日中は冷たい雨が降っていて、中止になるんじゃないかと思っていましたが、
夜になって雨も風もやんで無事開催されました。





どんと01
主催者の方からの挨拶があり

どんと02
いよいよ点火します。
点火するのは子どもたちの役目。

どんと06


どんと08

火は内側に点けられ、内側から少しづつ大きくなります。


どんと07
火が高く上がりはじめたら、お正月のしめ飾りや書き初め、おふだなどを投げ入れます。
火の粉も高く舞い上がり、ときどき、打ち上げ花火の音のようなボゥンと爆ぜる大きな音がします。



その後、若餅と呼ばれる丸餅を長い竹串の先にさして焼き、
いただきます。

若餅01
若餅を

どんと11
串にさしました!
(すーんごい長い。3mくらいあるでしょうか…)

どんと12
そして焼く!

どんと14
みんな火の周りに輪になります。
これだけ火からはなれていても、お餅が焼けるの待つ間に
顔があつあつになります。
だからこれだけの長さが必要なんですね。

若餅02
…写真撮るのに夢中になっていたらお餅が炎上して上部だけ丸コゲ……

若餅は一年の無病息災を祈って食べるそうなので
上部のコゲをはがして美味しくいただきました。


最後に餅花をいただいて帰りました。
餅花01

餅花とは、「正月とくに小正月に、ヌルデ・エノキ・ヤナギなどの木に小さく切った餅や団子をさして飾るもの。一年の五穀豊穣を祈願する予祝の意味をもつとされる(参考:Wikipediaより)」のだそうです。

餅花02



大きくうねり燃え上がる炎は恐ろしいもの
同時にとても美しいものでした。

火の周りに集まる人たちの穏やかな顔がとても印象的でした。



スタッフ:こうづき



----------------------------
2月の土曜休業日

22日




株式会社 飛鳥
http://www.asuka-net.jp/
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/02/15 13:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。