スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

元気になる文章講座

先週末から梅雨といえどあまり雨が降りません。
自転車移動の私としては非常に助かるのですが、
雨粒になりきれずに充満しているこの湿気はいただけないですね…うーん。





昨日、文化プラザかるぽーとで開催されている
「いきいきセカンド☆ライフ講座」
を聴講しに行ってきました。

まだセカンドライフまで時間がある私がなぜ?
と思いました?(笑)



昨日の講座は水木和香先生による「元気になる文章講座」でした。

そう!水木先生といえば、現在『飛鳥かわら版』で「文章力レベルアップ講座」を連載中。
その水木先生から、今年の年明け早々に
「かわら版がきっかけで、市民講座の講師をすることになりました〜」
というご報告をいただいたのです。

まぁ!かわら版がご縁で新たなつながりが出来たとは…なんて嬉しいこと!
と感動に浸っていた私。

いや、待てよ…
「それならその講座でかわら版配らせて下さい!」
とお願いし、かわら版抱えてノコノコと出向いていったのでした。

もちろんそのためだけに行ったのではありませんよ?
今回の講座のように、市民の方に広く開かれた講座で
「文章講座」を聞きに来られる方ってどんな人なんやろ?
普段文章と接することが多い水木先生の文章「講座」ってどんなんやろ?
ということを知りたかったのです。

mizuki01-web.jpg

水木先生の講座資料の横にかわら版を並べ、スタンバイ。
たくさんの方に手にとっていただくことができました。

聴講生の方は50名程だったでしょうか。

mizuki02-web.jpg

なんと100%女性!



わたしも会場の一番後ろで聴講させていただきました。
先生の
「あなた方は背中に2万冊の本を背負って生きているのです」
という言葉が印象的でした。

mizuki03-web.jpg

長く行きてこられた方には、それだけ多くの知識と経験と歴史とが積み重なっている訳で
それこそが財産なのだ、と熱弁する水木先生の言葉に
会場の後ろから「もっと言うちゃってー!」と叫びたい気分でした(笑)





みなさんもぜひ
ありの〜♪ままの〜♪ (笑)
自分の人生を
言葉で、文章で、書き残してみはいかがですか?



スタッフ:こうづき

----------------------------
【6月の土曜休業日】
7日、21日、28日




株式会社 飛鳥
http://www.asuka-net.jp/
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/06/11 11:55 ] 仕事 飛鳥出版室 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。