スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ありがとう、メタセコイア

飛鳥のかわら版に4回にわたり掲載していた、土佐学協会の取り組み。
その舞台となっていた四万十町窪川地区にある2本のメタセコイアが切り倒されました。

(掲載記事はこちらからご覧いただけます→【第1回】【第2回】【第3回】【第4回】


第4回の記事の中で、長崎さんも書いていらっしゃったように
高知県が次世代型の大規模ハウスを整備する計画の中で
あのメタセコイアがある広場一帯も整備されることになったのです。





メタセコイアと関わることになったきっかけ。
連載することになった経緯を、少し書きます。


 ***


ことの始まりは、私が一昨年の田植えイベントに参加させていただいたことでした。
その時は、思い出がかりの松田さんからお誘いいただき、
「美味しいもんいっぱい食べて、わいわいできるんや!」
というかる〜い動機でした。

参加してみたら、
何だこの大盤振る舞いっぷりは!!

「おもてなし」という言葉があっちでもこっちでも聞かれるようになったけれど
これぞ、「元祖・おもてなし」にして「究極のおもてなし」ではないか!!
という光景が広がっていました。



その「最高のおもてなし」を主催していたのが
「土佐学協会」でした。

「土佐学協会」の根底にあるのは「土佐を愛する」ということ。
細かいことはいろいろあれど、その基本精神の上に、いろんな分野の方
企業の社長さんも、学者さんも、農家のおんちゃんも、
垣根なく関わってひとつのうねりを作り出している。

「なにそれ!そのボーダレスな感じええやん!おもしろいやん!」
とビリビリきた、その衝動だけで走り出し、
思い出がかり・松田さん
司牡丹酒造・竹村社長
クラインガルテン管理・鳩オヤジさん
ファームベジコ・長崎さん
に原稿をいただくに至ったのでした。


 ***


連載している間にも、
田植えや、春の菜の花まつりなど、度々メタセコイアの元に遊びに行きました。

窪川で迎えてくれる人々と
2本のメタセコイアと
あそこにある空気全部が好きになっていました。

あの場所がなくなってしまうのはとても残念ですし
たくさんの出会いをくれて、大好きになった木の最後を見届けに行けず、残念です。


当日の様子はクラインガルテン四万十のスタッフブログで3回にわたって書かれています。(「飛鳥かわら版」にも触れてくださっています!)こちらからご覧ください↓
「クラインガルテン四万十★☆スタッフブログ☆★」
特集・さよならメタセコイア ①
特集・さよならメタセコイア ②
特集・さよならメタセコイア ③




メタセコイアと関わった期間はほんのわずかでしたが、
連載したことがきっかけで、土佐学協会の活動や、メタセコイアに関して
お問い合わせをいただいたこともありました。
飛鳥のかわら版もまた、「風の人」と「土の人」をつなげる一助になれたのかなぁ
と思うと、とても嬉しいです。

メタセコイアはなくなってしまったけれど
あの広場からつながった出会いを大切に、
これからも窪川ファンでい続けたいと思います(^^)


ありがとうメタセコイア!

metasekoia01.jpg




スタッフ:こうづき

----------------------------
【10月の土曜休業日】
4日、25日




株式会社 飛鳥
http://www.asuka-net.jp/
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/10/16 11:25 ] 仕事 飛鳥出版室 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。