スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

飛鳥かわら版のお話

今日は朝から社内で撮影をしております。

…と言っても、
一眼レフ初心者のわたしが一人であーでもないこーでもないと試行錯誤しているだけなのですが。



飛鳥出版室の歴史が詰まったかわら版も撮りました。

写真を見て
「この本みたいになってるのは何!?」
と思われた方もいるかもしれませんが
これ、過去の発行分が冊子としてまとめられたものなんです。



『飛鳥かわら版』は2014年11月発行分で184号。
第1号は1986年7月。
実はすごく歴史のある発行物なのです。
(わたしよりも年上です)



現在は年4回の季刊誌となっていますが
途中、ほぼ毎月発行していた時期もあります。



撮影の合間にパラパラと見返していたら
その時その時のカラーがよく反映されていて、おもしろいです。
紙面の雰囲気も、内容も変化してきています。


いやぁ
実に参考になりますなぁ





…て、
「片付けしてたらアルバム見つけて思い出に浸ってしまった」構図
にはまり込むところでした!(汗)





かわら版は、無料でお配りしていますので
過去のものも含め、ご用命の方は飛鳥もしくは担当者までご連絡くださいませ。

直近の183号、184号では
紙面から動画が見られるAR(拡張現実)を取り入れています。

141118-02.jpg
えー!紙の上で太郎が歩いてるー!!!なんでなんでー!?


ふふふ…皆さん興味わきました?
ARに関する詳しいお話はまた次回に。





スタッフ:こうづき

----------------------------
【11月の土曜休業日】
1日、29日
【12月の土曜休業日】
6日




株式会社 飛鳥
http://www.asuka-net.jp/
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/11/18 13:16 ] 仕事 飛鳥出版室 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。